SHOUZANROU-松山楼

富士 富士

松山楼

悠久の時を経て、自然との調和の中ではぐくまれた日本文化。
朝日のように清らかで初々しく温かい日の出づる国の美が今甦ります。
西洋文明の大きな転換期にあって、今後日本文化の果たす役割はきわめて大きなものと思われます。
日本語、日本食の世界的な流行の中、世界の人々は自然の心に満ちた清らかで温かいほんとうの日本美を求めているのではないでしょうか。
鳥居禮は日本画を通して美しい日本の心を探求しています。
地球と宇宙
人と自然
日本と世界の融合
日本美が創り出す新しい森の文明。

巨大神道画制作中

現在5m×18mの巨大な神道画を制作中です。
日本画史上最大の作品になります。
29年完成予定で、伊勢山皇大神宮の新しい神楽殿(結婚式場)の前室に展示されます。
会場は伊勢の神宮美術館を設計した種村強氏の設計で建物と作品が一体化するように協議しながら制作しています。

伊勢山皇大神宮ホームページ
http://www.iseyama.jp

EXHIBITION

  

ドイツ・ベルリン国立アジア美術館 鳥居禮展「伊勢神宮の庭」

2016年5月26日~2017年1月8日
協力 在ベルリン日本大使館ベルリン日独センター

  

鳥居禮の神道コンテンポラリー作品(全20m)による個展が、ドイツ・ベルリンで8か月もの長期にわたり開催されます。国立アジア美術館は光悦・宗達が合作した色紙36枚をはじめとする、すぐれた作品を多く収蔵する美術館です。25日オープニングセレモニーに続き26日ベルリン日独センターでの講演も予定されております。人と自然の融合と、聖なる表現の重要性を世界に問う日本発の神道コンテンポラリー作品を展開いたします。ご期待ください。

ドイツ・ベルリン国立アジア美術館

鳥居禮OnlineShop

http://galleryrei.jp/

page top